活動報告

  • こんばんは。東京都議会議員(品川区選出)の阿部祐美子です。 ご近所・大崎駅東口の喫煙所が移転し密閉式コンテナで設置されることとなりました。 (ちょっと前のお […]
  • こんにちは。東京都議会議員(品川区選出)の阿部祐美子です。 今日午前中は東京都港湾審議会が開かれました。 東京都の中でも、港湾のある自治体は限られていて品川 […]
  • こんばんは。東京都議会議員(品川区選出)の阿部祐美子です。 今朝は、日本橋のCOREDO近くに今月オープンした、首都高速の日本橋区間の地下化PRルームに視察 […]
  • こんばんは。東京都議会議員(品川区選出)の阿部祐美子です。 今日から衆院選スタート松原仁候補のポスターを品川区内の公営掲示板に張りました。(公営掲示板のポス […]
  • こんばんは。東京都議会議員(品川区選出)の阿部祐美子です。 品川区内の荏原消防署に、日中だけ稼働する「デイタイム救急隊」が配備され、20日から稼働するとのこ […]

私の視点

01 人こそ資源、子どものこと

  • 品川区など都市部では保育園に入園しにくい状況が続いています。待機児童対策を進めるとともに、保育の質の確保と保育士の待遇改善を進めます。
  • ひとり親家庭への支援や困窮家庭の子ども達への食の支援と学習サポートを広げます。
  • 品川区では児童生徒教師に1人1台タブレット端末が配布されています。ICTを活用した教育活動、知的好奇心を生かすSTEAM教育の推進を図ります。多様な学びを支える都立オンライン高校の設置を促します。
  • 東京都独自の給付型奨学金制度の拡充を図ります。
  • 医療的ケアが必要な児童の就学前の居場所づくりと学齢期の学習機会の確保を進めます。
  • 障害児を育てる保護者やきょうだいへのレスパイト等の支援を充実させます。
  • 品川区内外にある児童養護施設の子どもたちへ心理的ケア、アフターケアの充実を図ります。

02 女性/若者の未来をひらく

  • 東京都庁や審議会等での女性の割合を増やします。
  • 選択的夫婦別姓の実現を働きかけます。東京都での同性パートナーシップ制度の創設を目指します。
  • 予期せぬ妊娠を防ぐための多様な避妊方法へのアクセス改善とユースセンターの設置を促します。
  • 不妊治療の保険適用と助成の拡大、費用や実績の開示を進めます。
  • 若年失業者・求職者への東京都での職業訓練を大幅に拡充し、産業構造に応じた転換を図ります。
  • 品川区で注目されているひきこもり支援へのIT活用を他地域でも促すため、支援制度を見直します。

03 介護・福祉・医療の充実で人生に安心を

  • 在宅介護ヘルパー確保のための待遇改善を進めます。
  • 高齢者の住まい確保や入院・施設入所時の身元保証人に代わる公的サービスの創設を求めます。
  • 在宅介護を支える家族介護者への支援を広げます。特にヤングケアラーへの支援は急務です。
  • ビッグデータを活用した救急対応を進めます。
  • がんの治療としても働くことができる体制づくり。

04 東京はもっと良くなる

  • 品川区の臨海部分は東京都の管理で、海が遠い存在です。区民が海に親しめる環境をつくります。
  • 東京湾や都内河川での海洋プラスチック汚染の実態把握と対策を進めます。
  • 再生エネルギーへの転換と、公正な移行に向けた施策を進めます。
  • 都庁デジタル化による業務の効率化と都職員のテレワークを進めます。
  • 東京都と区の役割分担に関する検討会の再開と、権限や財源の配分の見直しを促します。
  • 品川区上空を通る羽田空港都心ルートの見直しを求めます。
  • アートの力で東京のブランド力アップを目指します。

プロフィール

現在

立憲民主党所属

阿部祐美子行政書士事務所
品川消防団第6分団班長

夫と息子の3人暮らし。

経歴

1964年

東京都世田谷区生まれ。

1980年

岡山県立操山高校入学。部活動は弓道部。

1983年

岡山大学法学部入学。
サークルは邦楽部(三味線)。在学中に行政書士試験合格。

1987年

山陽新聞社(本社・岡山市)入社。同社初の女性社会部記者となり、事故や火災の取材に明け暮れました。
地域に暮らす人たちの、生活の悲喜こもごもを間近に見つめてきたことが、今の私の大きな糧になったと思っています。高松支社に異動後は、教育やまちづくりにも関心を広げました。

1993年

同社を退職。在ポーランド日本大使館に専門調査員として赴任し、ベルリンの壁崩壊後のワルシャワで、社会が変化していく様子を目の当たりにしました。

1995年

2年間の任期を終えて帰国。結婚。

1996年

日本教育新聞社(本社・東京)入社。教育行政や学校の教育内容などを幅広く取材しました。

2000年

長男出産。1年間の育児休業ののち職場に復帰し、幼児教育や特別支援教育を担当しました。

2004年

品川区立五反田保育園でPTAを発足、会長に。

2006年9月

日本教育新聞社を退職。

2006年10月

品川区議会議員補欠選挙に初出馬、トップ当選。
建設委員会、街づくり特別委員会に所属。

2007年4月

品川区議会議員選挙で、2度目のトップ当選を果たす。
建設委員会、行財政改革特別委員会など所属。

2011年4月

品川区議会議員選挙で3期目の当選を果たす。
建設委員会委員長、区民委員会委員長、議会運営委員会副委員長など務める。
品川区監査委員。

2015年4月

品川区議会議員選挙で4期目の当選を果たす。
総務委員会委員、議会改革検討会委員、同検討会情報発信分科会副リーダーなど務める。

2017年7月

東京都議会議員選挙に挑戦し17,612票をいただくも惜敗。

2019年4月

品川区議会議員選挙で5期目の当選を果たす。

2021年7月

東京都議会議員選挙(品川区選挙区)で初当選。

チラシ

お願い

カンパのお願い

政治活動レポートやポスターの印刷代、各種勉強会の参加など、政治活動はお金がかかります。
あべ祐美子の志に賛同し、応援をしてくださる皆様に少額のカンパをお願いできれば幸いです。詳細は、事務所までお問い合わせください。

郵便振替00180 - 0 - 761466
名義あべ祐美子後援会

ボランティア募集

ご都合のよいときに、こんなお手伝いをしていただけるとうれしいです!

  • ポスターの裏に両面テープを貼るなどの事務作業
  • 朝の街頭演説での、チラシ配りのお手伝い
  • あべ祐美子のチラシのポスティング作業
  • あべ祐美子ポスターをご自宅の塀等に張っていただく
  • あべ祐美子のお話をお友達同士数人で聞いていただく

その他いろいろ!
お気軽に事務所までご連絡ください。
よろしくお願いいたします。